Profile
Categories
Selected Entries
Recent Comments
  • 【写真】★JEAは美しい世の中を創造する。〜ニホンウナギ 世界初の親魚捕獲!〜
    たくちゃん (09/23)
Recent Trackback
Archives
Bookmark
Search This Site
Others

JEA * 日本芸能代理人組合 〜芸能スカウトマンの組合〜  

★秘伝公開!メルマガ⇒http://www.mag2.com/m/0000269586.html
★スカウトマンになりたい方に、資格の発行をしています。
★スカウトアシスタント募集中♪(時給・月給・歩合・パートあり)
★モデル・歌手・俳優・バンド・アーティストとして活躍したい方をプロデュース♪

JEAの目的:【美しい世の中を創造し次世代にリレーする】
〜人は、生命を輝かせ、美の世界を創造するために生まれてきた〜 

★今すぐお問い合わせ⇒ jea_info@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
【写真】★JEAは美しい世の中を創造する。〜50年間で最も弱い太陽風〜
t(写真: WIRED VISION)
米航空宇宙局(NASA)は9月23日(米国時間)、太陽風(太陽から放出される電子と陽子の風)が、ここ50年間で最も弱いレベルに低下したと発表した。

太陽風は、探査機『ユリシーズ』の太陽風検出器『SWOOPS』によって観測されてきたが、太陽風の弱まりは1990年代中ごろに始まった。

科学者たちは、原因や結果については正確にはわからないとしているが、宇宙飛行士にとってはありがたくない話のはずだ。

太陽風は、太陽圏を膨張させる。太陽圏とは宇宙放射を屈折させる磁気の泡なので、これが収縮すると、宇宙旅行者――および宇宙旅行用機器――は、放射線障害を受ける可能性があるのだ。実際、1977年に打ち上げられた2基の宇宙船『ボイジャー1号』および『ボイジャー2号』は、予想より早い時期に、収縮する太陽圏の外に出ることになるだろう。

太陽風はこのまま勢いを失っていくのだろうか?

ユリシーズ計画の科学者、Arik Posner氏は、記者会見で次のように語った。「太陽風の観測は、宇宙時代の初期――60年代初め――から現在までしか行なわれていないのだが、この期間においてはこれは特異な現象だ。だが、百年や千年単位で見て、この現象がどの程度珍しいことなのかは、誰にもわからない。それほど昔までさかのぼれるデータはない」

メモ:天文学者らは最近、2008年8月はこの百年間で初めて、黒点が1つも生成されずに終わった月になったと指摘した。

[リンクされている記事によると、太陽活動は11年ごとに減少し、ゼロに近くなるが、新しいサイクルが始まると黒点も急速に観測されるようになる。今年1月からサイクル24に入ったが、黒点が少ない時期が異例なほど長く続いていたという。「1カ月にわたって黒点がゼロ」という同じ現象が最後に確認されているのは1913年6月。過去1000年間においては、このような時期はマウンダー極小期など3回あったが、どれも小氷期と呼ばれる寒冷期にあたるという。なお、2005年に「太陽活動が今後急速に低下する」と予測した研究者がいたが、批判が多く論文は掲載されなかったという]

(WIRED VISIONより)

b にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
JUGEMテーマ:転職活動


Posted by 理事長: 佐藤美希
●『美』のニュース / 22:48 / comments(0) / trackbacks(0)
【写真】★JEAは美しい世の中を創造する。〜淡水域に差し迫る脅威 〜
(白化したサンゴの森を泳ぐ魚)
s
淡水の生態系は、人間にとって飲料水の供給源であり、生きていくために不可欠なものだ。

また、世界の魚の種の40%以上が生息している場所である。

そのような貴重で重要な存在であるにもかかわらず、世界各地の湖、河川、湿地帯の多くが人間により深刻な影響を受け、陸上の生態系を大幅に上回る速さで消滅している。

約1万種の淡水魚のうち20%以上がここ数十年の間に絶滅、または絶滅の危機に瀕しているのである。

特に雨水を小川や湖に分ける分水界は、非常に汚染に弱いので注意が必要だ。

(NATIONAL GEOGRAPHIC より)

b にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
JUGEMテーマ:転職活動


Posted by 理事長: 佐藤美希
●『美』のニュース / 22:47 / comments(0) / trackbacks(0)
【写真】★JEAは美しい世の中を創造する。〜ミツバチが海鳥を助ける〜
f
何年もカラスに悩まされていた海鳥たちに思わぬ味方が現れた。
東京のコアジサシという海鳥の営巣地では、小さなミツバチたちがガードマンの役目を果たしているという。

東京の羽田空港にほど近い大規模な下水処理施設では、今年、郊外からミツバチの巣を屋上に運び入れた。
この施設の屋上には、オーストラリアやニュージーランド、パプアニューギニアなどから渡ってくるコアジサシが巣を作る。
その数は多い年には4000羽にもなる。

コアジサシは国際的には特に指定されていないものの、日本では絶滅の恐れのある種を記載したレッドデータブックで絶滅危惧II類に指定されている。
空港付近に巣を作るコアジサシたちは、これまでずっと東京を飛び回るカラスの被害に遭ってきた。
5年前には60羽ほどのカラスが執拗にコアジサシを襲撃し、約300個の卵と160羽のヒナが犠牲になっている。

砂利や小石が広がる裸地に営巣するコアジサシは、カラスの格好の餌食となりやすい。
コアジサシを守るNPO法人「リトルターン・プロジェクト」の増田直也代表は、「シェルターを作ったり、手すりにカラスが留まれないように糸を張り巡らせてたりもしてみたが、どれもあまり効果はなかった」と語る。

そこで、都水道局の担当者がリトルターン・プロジェクトに「銀座ミツバチプロジェクト」を紹介したという。
銀座ミツバチプロジェクトは2006年3月に発足したNPOで、このNPOは、銀座の商店街にミツバチの巣箱を置き、都会のど真ん中に暮らす人たちに農業について教えている。
華やかな商店街の一角にある建物の屋上に巣箱が置かれ、約15万匹のミツバチが街中の植物から花粉や蜜を集めてくる。
銀座だけでなく近隣にある皇居や日比谷公園の植物からもハチミツが採れるという。

 座ミツバチプロジェクトの高安和夫理事長は「ミツバチを使ったカラスの撃退には効果があると考えている。
専門家によると、野生のミツバチには巣に近付く黒い物体を攻撃する本能があるらしい」と話す。
ミツバチはこの本能で黒いクマにも対応しているという。
ハチミツを狙う敵から巣を守るための本能と考えられている。

コアジサシが巣を作っている下水処理施設「森ケ崎水再生センター」では、昨年7月から11月にかけてミツバチの巣箱1箱を屋上に設置し、今年5月にはもう1箱追加した。
リトルターン・プロジェクトの増田代表によると、「現在、この場所のコアジサシの巣は約2万匹のミツバチによってパトロールされている」という。

同代表は「コアジサシとミツバチは“良き隣人同士”としてうまくやっているようだ。ただ、この営巣地は広大なので良い結果を期待するのはそれほど簡単ではない。カラスのほかにもハヤブサやチョウゲンボウなどの猛禽類も飛来する。もともとコアジサシは条件によってその年の営巣地を変える性質があり、今年度はまだ営巣が確認されていない状況だ。もっと長期的に見る必要があるだろう」とも述べている。

Photograph by Klaus Nigge

(NATIONAL GEOGRAPHIC より)

b にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
JUGEMテーマ:転職活動


Posted by 理事長: 佐藤美希
●『美』のニュース / 21:27 / comments(0) / trackbacks(0)
【写真】★JEAは美しい世の中を創造する。〜ニホンウナギ 世界初の親魚捕獲!〜
u
〔産卵海域で捕獲されたニホンウナギ(全長約51センチ)=水産庁、水産総合研究センター提供〕

生態に謎の多いニホンウナギの親魚が、マリアナ諸島西方の太平洋で、世界で初めて捕獲された。
水産庁と水産総合研究センターが22日、発表した。
現場の水温や塩分濃度も分かり、養殖技術の向上にもつながるという。

ニホンウナギの産卵については、東京大のチームが05年、同じ海域で大量の赤ちゃんウナギ(仔魚=しぎょ)を捕獲。
産卵場所はほぼ特定されたが、親ウナギや卵は見つかっていなかった。

同センターは、漁業調査船「開洋丸」(2630トン)で、今年6月と8月、大型の網を使って調査した。
この結果、約150キロ離れた2地点から、ニホンウナギの雄2匹と雌1匹、性別不明な1匹の計4匹、オオウナギの雄1匹を捕獲した。
この雌を調べたところ、卵巣が収縮し、残った卵もあったため、産卵後の雌と考えられた。
また、9月には近くでふ化後2、3日程度の仔魚(約5ミリ)も26匹見つかった。

親ウナギが捕獲されたのは水深200〜350メートル付近(水温13〜25度)、仔魚は同100〜150メートル(同26.5〜28度)と推定している。

現在の人工ふ化技術では、卵から仔魚に育つ数が少なく、安定供給にはほど遠い。
養殖は天然のシラスウナギに頼っているが、シラスウナギは減少している。
同センターの張成年・浅海生態系研究室長は「親の生理状態や生育環境を調べることで、人工ふ化技術の向上につながるかもしれない」と話す。

(毎日新聞)


b にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
JUGEMテーマ:転職活動


Posted by 理事長: 佐藤美希
●『美』のニュース / 10:53 / comments(30) / trackbacks(1)
【写真】★JEAは美しい世の中を創造する!地球温暖化の真犯人は太陽?
t
地球と火星で同時に温暖化が進行している。
これは、地球温暖化が人為的な原因ではないことを意味していると、ある科学者が物議を醸しそうな理論を展開している。

2005年にNASAの火星探査機マーズ・オデッセイが送ってきたデータを分析した結果、火星の南極付近にある二酸化炭素の「氷冠」が、3年連続して減少していることがわかった。

ロシアのサンクトペテルブルグにあるプルコボ天文台の宇宙研究主任であるハビブロ・アブダサマトフ氏は「火星のデータは、現在の地球温暖化の原因が太陽の変化にある証拠であり、長期間にわたって太陽の照射熱が増えたために地球と火星の両方が暖められている」と主張する。

しかし、アブダサマトフ氏の説はほかの気象学者には受け入れられていない。

イギリスのオックスフォード大学の地球物理学者であるコリン・ウィルソン博士は「彼の見方は主流の学説と真っ向から対立するものだ」と述べる。

従来の学説では、火星の気候変化は太陽の変化ではなく、軌道や地軸の傾きのわずかな変動によって説明できるとされている。

どの惑星も太陽の周りを回るときにわずかにゆらぐ。

地球のゆらぎは「ミランコビッチ・サイクル」として知られており、2万年から10万年の周期で発生する。

これらのゆらぎによって地軸の傾きと太陽からの距離が変化し、地球の氷河期の原因になるとされている。

アブダサマトフ氏が展開する学説の最大のネックは、温室効果を完全に否定している点だろう。

温室効果とは、二酸化炭素などのガスが地球表面に熱を閉じ込めてしまうという理論だ。

現在、ほとんどの科学者は、人類が大気中に排出する膨大な量の二酸化炭素が地球の気温を上昇させていると考えている。

しかし、アブダサマトフ氏は、二酸化炭素が地球環境に与える影響はごくわずかであり、火星にいたってはまったく影響していないと主張している。

Photograph courtesy NASA

※この記事は米国版National Geographicのニュース記事アーカイブから翻訳したものです。

(NATIONAL GEOGRAPHIC より)

b にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
JUGEMテーマ:転職活動


Posted by 理事長: 佐藤美希
●『美』のニュース / 19:23 / comments(0) / trackbacks(0)
【写真】★世界最小のヘビ発見。
h
カリブ海のバルバドス島で世界最小のヘビを発見し、新種に分類したと、米ペンシルベニア州立大の研究チームが4日付のニュージーランドの国際動物学誌ズータクサに発表した。

長さは10センチ弱で、太さはスパゲティ並み。

日本で雨の後によく見掛ける大きめのミミズより小さい。主にアリやシロアリの幼虫を餌にしているとみられるという。

b にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
JUGEMテーマ:転職活動


Posted by 理事長: 佐藤美希
●『美』のニュース / 19:32 / comments(0) / trackbacks(0)
【写真】★ミドリムシが人類を救う!1日に19万人分以上の食料生産が可能!
k
世界規模で直面している地球温暖化と食糧危機への手だてとして、ミドリムシを活用する研究が進んでいる。

原生動物でありながら光合成をするミドリムシは二酸化炭素(CO2)の固定効率が高いだけでなく、人間に必要な栄養素のほとんどを作り出せる。

東京のベンチャー企業が大量培養に乗り出したほか、大阪の老舗昆布店は高い栄養価に着目、食品への応用に向け研究を続けている。

b にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
JUGEMテーマ:転職活動


続きを読む >>
Posted by 理事長: 佐藤美希
●『美』のニュース / 21:32 / comments(0) / trackbacks(2)
【写真】★9000年に1回の出来事が起こった!!!
天気予報が伝えています。
「きょうの最高気温は45℃でした。
あすは、きょうより少し高く、46℃まで上がるでしょう。」

そんな暑さ、想像できます?

日本の夏、一番暑い時期の最高気温の平年値はせいぜい31℃。
それより15℃以上も高いなんてありえない。
と、思うのが当たり前ですよね。

ところが、似たような熱波は、すでに起きているんです。

2003年の夏、フランス・パリでは、最高気温が40℃に達しました。
パリの真夏の最高気温、平年ですと25〜26℃なので、
それより15℃くらい高かったことになります。

k
図1−1 ヨーロッパで発生した熱波の様子
情報提供:気象庁

気象庁の異常気象レポートによると、これは9000年に1回の出来事で、地球温暖化の影響で、発生する確率が高まった、と分析されています。

地球温暖化でまずいのは、ただ気温が上がっていくことだけでなく、気候のバランスが崩れてしまうこと。
極端に暑かったり、極端に寒かったり、やたらと雨が降ったり、全然降らなかったり。。。

m
図1−2 台風の大雨で水に浸かった三重県津市の様子
情報提供:気象庁

d
図1−3 2005年9月5日、貯水率0%となった高知県早明浦ダムの様子
情報提供:国土交通省河川局

そんな異常気象が当たり前になってしまう。

1998年〜2004年までの7年間に発生した異常気象は、日本国内だけでなんと2000件以上。
30年に1回程度しか起きない現象というのが異常気象の定義ですが、毎年、どこかで異常気象が起きています。

記録的、観測史上初、統計を取り始めてから一番高い、なんて言葉を聞いたことがない人の方が少ないですよね。

つい最近では、今年の冬、記録的暖冬で雪が少なく、一日も営業できないスキー場があったかと思えば、4月は全国的に平年より気温が低い。といった具合に気候が安定しなくなっています。

どれくらい気温が上がったことで、気候変動が起きはじめているのか、想像できますか?

実は最近100年間で0.74℃上がっただけなんです。

そして、最近発表されたレポートでは、この気温が最大であと6.4℃上がってしまうかもしれないというんです!

いったい地球の将来はどうなってしまうのでしょう。。。


b にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
JUGEMテーマ:転職活動


Posted by 理事長: 佐藤美希
●『美』のニュース / 09:20 / comments(0) / trackbacks(2)
【写真】★石油の87%は2000km離れた所から約20日間かけて日本へ
(新宿・パークタワー)
t
資源に乏しい日本では、エネルギー資源の大部分を輸入に頼っています。

国際エネルギー機関の統計によると、日本のエネルギー自給率は22%、主要先進国で最も低い水準にあります。

中でも、エネルギー全体に占める石油への依存度は51%にのぼり、その87%は日本から遠く2000km離れた中東産油諸国から約20日間かけて海上輸送されているのです。


b にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
JUGEMテーマ:ビジネス


Posted by 理事長: 佐藤美希
●『美』のニュース / 07:12 / comments(0) / trackbacks(0)
【写真】★誰でも必ず、夢のあるお仕事ができる♪
t
【ターシャ・テューダー】
挿絵画家・絵本画家・園芸家
1915年8月28日、マサチューセッツ州ボストンに生まれる。
1938年に「パンプキン・ムーンシャイン」を出版して以来、80冊以上の本を出版。
・19世紀のライフスタイル・ガーデンの美しさは有名。
・4児の母。


◆ ターシャ・テューダーの言葉 ◆

「 楽しみは創り出せるものよ 」

「 幸せとは、心の持ち方の事よ 」

「 思うとおりに歩めばいいのよ 」

「 今が一番いい時よ 」

「 絵本を描くのは、球根や、お花を買うためよ 」

「 何かを始めなければ、何も起こらない 」

「 時間をかけてするということは、それだけ愛情を注ぐこと 」

「 庭仕事は体が疲れても心が満たされる 」

「 楽しいことはそれを待つ喜びも嬉しいのよ、春は必ずやってくるのだから 」

「 人生は短いのよ、好きな事をしなくちゃ 」

「 今が人生で一番幸せよ 」


b にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
JUGEMテーマ:転職活動


Posted by 理事長: 佐藤美希
●『美』のニュース / 09:26 / comments(0) / trackbacks(1)